Edit me

新しいルーティングの追加

@Route アノテーションを付与したクラスファイルを ./app/Acme/Controller/ 以下に配置することで、サイトに新しいルーティングを追加することが可能です。

以下は最もシンプルなルーティング追加の例です。
http://サイトURL/samlple にアクセスすると”Hello sample page !”と表示するルーティングを追加しています。

Controllerファイル

./app/Acme/Controller/SamplePageController.php

<?php

namespace Acme\Controller;

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Method;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;

class SamplePageController
{
    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample")
     */
    public function testMethod()
    {
        return new Response('Hello sample page !');
    }
}

テンプレートファイルの利用

@Template を利用することで、Twigのテンプレートファイルを利用することができます。
以下のサンプルは、http://サイトURL/samlple にアクセスすると”Hello EC-CUBE !”と表示します。

Controllerファイル

<?php

namespace Acme\Controller;

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Method;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Template;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;

class SamplePageController
{
    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample")
     * @Template("Sample/index.twig")
     */
    public function testMethod()
    {
        return ['name' => 'EC-CUBE'];
    }
}

Twigファイル

./app/template/default/Sample/index.twig


<h3>Hello  !</h3>

カスタマイズのヒント

URLからパラメータを受け取る

http://サイトURL/samlple/1 のようにURLに含まれるパラメータを変数の値として受け取ることができます。
@Routeに含まれる {id} の部分を同名の変数 $id として受け取れます。

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample/{id}")
     */
    public function testMethod($id)
    {
        return new Response('Parameter is '.$id);
    }

追加したルーティングへのリンクをする

他のページのテンプレートファイルから、追加したルーティングにリンクをするには、ルーティングに名前をつける必要があります。
@Routeアノテーションに name パラメータを追加することで名前をつけることができます。

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample/{id}", name="sample_page")
     */
    public function testMethod($id)
    {
        return new Response('Parameter is '.$id);
    }

他のページのテンプレートファイルからリンクをする場合には、以下のように記述します。
パラメータを渡すことも出来ます。


<a href="{{ url("sample_page", { id : 2}) }}">Sampleページへのリンク</a>

EC-CUBE既存のルーティングを上書きする

EC-CUBE既存のルーティングを上書きするには、同じパスと名前でルーティングを定義します。
下記のサンプルでは、「当サイトについて」のページを上書きしています。

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/help/about", name="help_about")
     */
    public function testMethod()
    {
        return new Response('Overwrite /help/about page');
    }

管理画面のルーティングを追加する

管理画面にログインしているユーザーのみがアクセスできるルーティングを追加する場合には、パスに /%eccube_admin_route% を利用します。

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/%eccube_admin_route%/sample")
     */
    public function testMethod()
    {
        return new Response('admin page');
    }

同様にUserDataへのルーティングは /%eccube_user_data_route% を指定します。

リダイレクトを行う

AbstractControllerを継承して redirectToRoute 関数を利用することでリダイレクトが可能です。
下記のサンプルでは、アクセスがあると「当サイトについて」のページへリダイレクトしています。

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample")
     */
    public function testMethod()
    {
        return $this->redirectToRoute('help_about');
    }

また forwardToRoute 関数を利用することで、リダイレクトではなく他のコントローラに処理を渡すことができます。

Controller内でサービスを利用する

AbstractController を継承することで、よく利用するサービスのインスタンスを利用することができます。
以下のサンプルでは、EntityManagerを利用して商品のEntityを取得しています。

<?php

namespace Acme\Controller;

use Eccube\Controller\AbstractController;
use Eccube\Entity\Product;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Method;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;

class SamplePageController extends AbstractController
{
    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample")
     */
    public function testMethod()
    {
        /** @var Product $product */
        $product = $this->entityManager->getRepository('Eccube\Entity\Product')->find(1);

        return new Response('Product is '.$product->getName());
    }
}

EntityManger以外に、AbstractControllerを継承することで利用できるサービスは ./src/Eccube/Controller/AbstractController.php を確認してください。

AbstractControllerに無いサービスを利用する

インジェクションを利用することで、AbstractControllerに無いサービスのインスタンスも利用する事ができます。
以下のサンプルでは、BaseInfoからショップ名を取得しています。

<?php

namespace Acme\Controller;

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Method;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Response;

class SamplePageController
{
    /** @var \Eccube\Entity\BaseInfo */
    protected $BaseInfo;

    /**
     * SamplePageController constructor.
     * @param \Eccube\Entity\BaseInfo $BaseInfo
     */
    public function __construct(\Eccube\Entity\BaseInfo $BaseInfo)
    {
        $this->BaseInfo = $BaseInfo;
    }

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample")
     */
    public function testMethod()
    {
        return new Response('Shop name is '.$this->BaseInfo->getShopName());
    }
}

画面を表示する必要がないコントローラーを作成する

画面を表示する必要のないコントローラの場合も必ずResponseオブジェクトを返してください。
(exit() で処理を終了するとEC-CUBEが正常な動作を行えなくなります)

Responseのレスポンスコードやヘッダーを指定することも可能です。

    /**
     * @Method("GET")
     * @Route("/sample")
     */
    public function testMethod()
    {
        return new Response(
          '',
          Response::HTTP_OK,
          array('Content-Type' => 'text/plain; charset=utf-8')
        );
    }
$ curl -D - http://サイトURL/sample
HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: text/plain; charset=utf-8

参考情報

EC-CUBE 4.0 ではSymfonyのController機構を利用しています。
その他のカスタマイズ方法についてはSymfonyのドキュメントを参照してください。

https://symfony.com/doc/current/controller.html

Tags: core