Edit me

概要

初期設定では、通貨は日本円で表示されます。 環境変数で指定することにより、任意の通貨記号・フォーマットで表示することができます。

通貨表示の切り替え

環境変数でロケール/通貨コードを指定し、通貨表示を切り替えることができます。

EC-CUBEのルートディレクトリ直下に、.envファイルを作成し、ECCUBE_LOCALEおよびECCUBE_CURRENCYを設定します。

//.env

ECCUBE_LOCALE=en
ECCUBE_CURRENCY=USD

環境変数設定後、画面をリロードすると、通貨表示が切り替わります。 キャッシュの削除を行う必要はありません。

※ 通貨記号・フォーマットを切り替える機能であり、為替レートの計算は行いません。

PriceType

金額の入力項目について、MoneyTypeを拡張した、PriceTypeを実装しています。 PriceTypeECCUBE_CURRENCYの設定値にもとづいて、scaleを動的に判定します。

例えば、JPYが指定されている場合はscaleは0です。 EURであればscaleは2が設定され、小数点2桁まで入力が可能になります。 ※scaleを超える値を入力した場合は四捨五入されます。

以下は、ECCUBE_LOCALE: de_DE, ECCUBE_CURRENCY: EURの設定時の表示です。

通貨の入力フォーム

priceフィルタ

twig上で金額を表示する際は、priceフィルタを利用することができます。 通貨の表示文字や表示方向を制御してくれます。

以下のように使用します。

123

通貨の表示

参考

通貨の切り替え機構を追加 https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/pull/2431

Tags: