Edit me

概要

初期設定では、タイムゾーンはAsia/Tokyoに設定されています。 環境変数で指定することにより、Asia/Tokyo以外のタイムゾーンを使用することができます。

タイムゾーンの切り替え

環境変数でタイムゾーンを指定し、タイムゾーンを切り替えることができます。

EC-CUBEのルートディレクトリ直下に、.envファイルを作成し、ECCUBE_TIMEZONEを設定します。

//.env

ECCUBE_TIMEZONE=Asia/Tokyo

環境変数設定後、画面をリロードすると、タイムゾーンが切り替わります。 キャッシュの削除を行う必要はありません。

日時データの保存と表示

日時データは、データベースの内部的にはすべてUTCで保存されます。 フォーム等で入力されたデータは、データベースの登録時にUTCに変換され保存されます。 逆に、データベースから取得するデータは、取得時にECCUBE_TIMEZONEで設定したタイムゾーンに変換されます。

参考

日時データ型の対応 https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/pull/2308

Tags: